南紀のコブ探し

2010.Jun. 30

飛翔能力を失って、豊かな森に住むことを選んだセダカコブヤハズカミキリ。

河川や海峡などにより隔離され、長い年月を経て地域ごとの特色が現れてきて、

現在では10亜種に分類されている(2007年出版「日本産カミキリムシ」より)。

そのうち、分布域の狭さ、採集難易度、造形美で1,2を争うと言われているのが、

ナンキセダカコブヤハズカミキリ
Parechthistatus gibber nankiensis

今年4月に大阪に移り住んだことで、ようやく射程圏内に入った本種を、

地元和歌山のなぎさんのご案内のもと、探しに行くことに。


前日の29日夜、仕事を終えて荷物を背負って電車に乗る。

和泉国を抜け、紀伊国へ初めて足を踏み入れる。

20時過ぎ、なぎさんと合流。

挨拶もそこそこに軽トラックに乗り込み、南紀を目指す。

コンビニの灯火を見たりしながら進んで、

だいぶ近づいたところで、某道の駅にて就寝。

予報では雨(しかも強雨)だが、完全装備でなんとか・・・。

翌朝、4時40分起床。

快晴の空に感謝しながら、出発。

川沿いの細い道を、延々と進んで行く。

6時、林道入り口に到着。

あいにくゲートが閉まっていたので、登山口まで歩いていくしかない。

靴を履き替え、不要な雨具や着替えを置き、出発。

6時50分、登山口に到着。

一休みした後、いよいよ山登り。

急峻なのは最初だけで、緩やかな登りが続く(奥多摩との比較)。

やがて、尾根に出る。

朝もやが残る山並みが、美しい(これが植林でなければ・・・)。

尾根に出てからは、延々と続く植林の道。

なぎさんの得た情報によれば、尾根に出てからが勝負ということなのだが、

自然林は、いつになったら現れるのか・・・。

7時50分、太いアカガシが残る林に到着。

まだ目的地は先だが、広く薄く分布するなら、ここにもいるはず。

斜面を降りて、軽く探索。

一応、倒木はあるのだが、コブが来る気配は弱い。

他に良い物件がなければ仕方なく来るという程度のものばかり。

ルリセンチコガネ

これだけ採集して、尾根に戻って先へ進むことにする。

9時20分、本日初めてブナを見る。

ここから先が、コブ探しの本番だ。

少し進んだところで、これぞという物件を見つけ、斜面を一気に降りる。

ブナの立ち枯れ

ひと抱えほどもある、立派な木だ。

時期が来ればネキダリス(ホソコバネカミキリ類)が見られる感じだが、

まだ若干早いようで、姿はなかった。

高湿度を好むコブは、根元付近にいるはず。

気配を消して、慎重に木のまわりを一周していく。

あと少しで一回りというところで、何かがポロッと落ちたことに、

周辺視野と両耳が反応した。

これは、もしかして・・・・。

焦る気持ちを抑え、推定落下地点に目を凝らす。

ナンキセダカコブヤハズカミキリ

初めてブナを見てから5分後、予想以上に早い。

ナンキの特徴である幅広い「矢筈」、盛り上がった瘤、長い触角。

セダカの中で1,2を争うその造形美、実に素晴らしい。

尾根に戻り、採集を報告。

ナンキを初めて見るというなぎさんは、大きなカメラを取り出して写真撮影。

発見状況を説明した後、再び探索を開始。

最初の個体が落下してから20分後に見つけたのが、こんなブナの立ち枯れ。

すぐ横には細い倒木もあり、いかにも、という感じが遠くから見て取れた。

5mほどの距離に近寄ってみたところ、虫影が浮き出る。

最初はメスかと思ったが、よくよく見ると触角が切れたオスだった。

なぎさんを呼んで、発見状況を確認してもらい、写真撮影。

一体、このカメラではどんな光景が切り取られているのだろうか。

生息エリアと確信したところで、思い思いに探索。

ブナの大木と、アカガシの大木の共存。

北と南の融合という、不思議な光景を感じながら斜面を徘徊。

立ち枯れや倒木を見つけては、丹念に眺めていく。

コブを狙って探してはいるが、他の虫もわずかながら視界に入る。

ゴマダラモモブトカミキリ

わりと久々に見る、渋い虫。

あまり良い写真が撮れないうちに逃げようとしたので、やむなく手を伸ばす。

ヒゲジロハナカミキリ

林内を飛翔していた。

本日は網を持ってきてないので、採集できるとは思っていなかった。

しばらくして、なぎさんもナンキを発見する。

しかも、2匹同時に。

1匹あれば十分ということなので、もう1匹はありがたく頂戴する。

ウサギの耳を持つように触角を持つと、足を縮めて死んだふり。

ここまでで見つかったのは、すべてオス。

メスを狙って探索を継続するが、その後追加はさっぱり。

探索中の最大の敵は、ブユ。

まるで蚊柱のごとく群がってきて、次々とアタックしてくる。

手を叩いて潰しても、その分だけまた飛んでくる。

網を持ってきていれば、一網打尽にできるのに・・・。

11時過ぎ、適当なピークで昼食。

朝方は快晴だった空には、今は雲が広がりつつある。

昼食後、そろそろ歩きまわるのも飽きてきたので、移動しようかどうか迷う。

なぎさんは斜面を降りて行ってしまったので、戻ってくるまで私も周辺を探索。

クチキクシヒゲムシ♀

斜面からフワフワと飛んできた。

奥多摩以来、生涯2個体目。

ブナの立ち枯れ

葉蔭に、触角を発見。

またも、オス・・・。

イワワキよりもさらに立派な背中のコブはオスならではだが、

メスは一体どこに隠れているのだろうか・・・。

そこへ、なぎさんが戻ってくる。

その手の中に握られていたのは、立派な体格の個体。

これぞまさしく、ナンキのメスである。

これも頂けるということなので、ありがたく頂戴する。

これで、累代飼育にも挑戦できるぞ。

この後、山頂を目指して進んだが、雲行きが怪しくなってきた。

12時前、あと500m強というところで引き返し、下山することに。

来る時にチェックした立ち枯れや倒木を、もう一度調べる。

第一発見ポイント

2匹目のドジョウを狙って、幹の周りを一周。

しかし、セアカナガクチキしかいなかった。

その背後にあった、ブナの落ち枝。

本日のベストショット

この左下には、気配に気づいて落下したオスがいた。

入り口のブナに別れを告げ、植林をひたすら下る。

ブユの攻撃は標高が下がるごとに軽減されていったが、

なかなかゼロにはならなかった・・・。

無心で下るだけだが、少しだけ虫の姿が見えた。

クロヘリイクビチョッキリ

シャクナゲの葉脈をかじっているところを、なぎさんが発見。

アリノスアブの一種

これもなぎさんが発見。私の視力はコブで使い果たしたか・・・。

14時半、林道へ出る。

ここからの道のりが、長かった・・・。

15時15分、軽トラックに到着。

荷物をまとめ、達成感とともに帰途についた。


今年の目標のひとつであったナンキセダカコブヤハズカミキリ、

生息地までのアプローチは非常に長かったが、無事に出会うことができた。

自力ではオスしか見つからなかったが、頂戴したメスで累代することにしよう。

→ 累代飼育記録

最後になりましたが、長距離をひたすら運転してくださったなぎさん、

今日は本当にありがとうございました。

帰りに、ちょっとだけ寄り道。

紀伊国の歴史も、少しだけ感じた旅となった。

BACK

TOP

inserted by FC2 system