奥多摩:霧中の倒木巡り

2017.July.30

普段は奥多摩に行く時は一人だが、今日はゾウムシ屋のY氏も同行。

狙いはナツツバキの倒木に集まるアカツツホソミツギリゾウムシ。

昨年は急遽キャンセルとなってしまったので、今年こそは。

2週間前の時点ですでに発生しているので、

天候は良くないが強行することにした。


8時半、奥多摩駅に到着。

雨は降っていないが、駅の背後の山は雲に覆われている。

日曜日だが登山客は少なく、第3便のバスの乗客も10名ほど。

終点で下車して、集落の中を歩く。

山の上の方は完全に雲に覆われている。

谷の様子。2週間前とほとんど変わらない。

このあたりでY氏と合流。登山の準備を整えて出発する。

いつもの登山口から登り始める。

湿度100%の中、急斜面を登る。

途中、休憩を兼ねて倒木でヒゲナガゾウムシを採る。

尾根に出たところで一休み。

この天候ではビーティングをするしかない。

ナツツバキの倒木を探しつつ、ビーティングしながら歩いていく。

今日の狙いの虫を2013年に初めて見つけた御神木。

あれから4年、樹皮は黒く変色して当時の面影はない。

途中、ミズナラ立ち枯れにも立ち寄る。

前回はオダイがいたが、今日は何もいなかった。

ネキはこういう日にどこに隠れているのだろうか。

だんだん霧が濃くなり、雨も降ってきた。

このあたりが最もナツツバキの密度が高いので、勝負はここから。

経験上、地上30〜50cmほどで折れている新しめのナツツバキが最も良い。

その条件に当てはまる、本日最初の1本。

いそうな部分を真っ先に覗き込む。

やっと、最初の1頭が見えた。

アカツツホソミツギリゾウムシ

光量が足りず、まともな写真が撮れない。

時間をかけて逃げられても困るので、Y氏を呼ぶ。

写真撮影に集中するY氏

このまま15分ほど被写体と格闘を繰り広げていた。

すぐ近くにもう1本、良さそうな倒木を発見。

しかし、こちらには狙いの虫の姿はない。

いつもの天候なら複数個体がいるはずなのだが。

撮影終了後、同じ木をさらに探すが最初の1頭のみ。

他に良い木があるはずなので、他の物件も叩きつつ、周辺をさらに探索する。

2週間前、ゴイシモモブトカミキリが採れた枯れ枝。

ニセビロウドカミキリ

今日はこれしか落ちてこなかった。

2週間前、トラニウスが飛んできて、オダイが勝手に網に入っていたポイント。

今日はシロオビチビカミキリ、ナカジロサビカミキリくらいしか見つからない。

そういえば、森の中がやけに静かなことに気づく。

いつもならセミの声が絶え間なく聞こえてくるのに、

鳴けないほど気温が低いということか。

これでは、虫もほとんど動くことはないだろう。

その後も探索を続けるが、ついに追加のアカツツホソミツギリゾウムシは見つからなかった。

唯一、ドキッとしたのがこの虫。

姿形はよく似ているが、類縁関係は遠いセスジムシ科。

2週間前、タキグチモモブトホソカミキリがいた枯枝も今日は沈黙。

雨の日はダメだということを思い知って、下山。

最初の1頭がいなかったら、ただの修行になるところだった。

あの1頭はなぜ、あの木にいたのか。

移動する前に気温が下がって動けなくなってしまったのだろうか。

あいにくの採集となってしまいましたが、お疲れさまでした。

今度採集に来る時は晴れた日にしましょう。

BACK

TOP

inserted by FC2 system