アシナガモモブトスカシバ
Macroscelesia longipes yamatoensis Arita, 1992

2013年6月9日 東京都葛飾区にて

水辺のゴキヅル群落のそばのセイタカアワダチソウに静止する♀

分  布 本州、九州
出現時期 6〜10月
寄主植物 ゴキヅル
開  張 ♂ 18〜24mm、♀ 19〜28mm

モモブトスカシバによく似ていますが、後脚のフ節が非常に長いのが特徴です。

スカシバガの仲間では珍しい年2化であるといわれています.

ゴキヅルはある程度の攪乱を伴う水辺環境に生育しますが、

そのような環境が護岸工事などにより減少しており、本種の生息地はかなり限定されます。

ashinagamomobutolarva.jpg

2005年採集(山梨県産)

ゴキヅルの実に穿孔していた個体

gokiduru.jpg

幼虫が穿孔していたゴキヅルの実

秋に採集した幼虫は飼育下ではほとんど蛹化しないそうです。

今回は幼虫をしばらく低温・暗黒条件においたところ、無事に羽化までこぎつけました。

いかに自然条件に近づけるかがコツのようです。

ashinagamomobutosukashiba.jpg

2006年1月10日羽化 山梨県産(飼育個体)

BACK

TOP

inserted by FC2 system