fukuzumikosukashiba1.jpg

フクズミコスカシバ
Synanthedon fukuzumii Spatenka et Arita, 1992

2005年5月29日 神奈川県厚木市にて

ヤナギ類の葉に静止する個体

分  布 本州、九州
出現時期 5〜8月
寄主植物 ヤナギ類
開  張 ♂ 15.5〜24mm、♀ 19〜24mm

腹部に赤い帯があるスカシバガのひとつで、北海道によく似たアカオビコスカシバがいます。

幼虫はヤナギ類の幹や小枝に穿孔します。

カミキリムシやコウモリガの幼虫が穿孔している場所の近くで幼虫がよく発見されます。

yanagi1.jpg

幼虫が穿孔している幹

コウモリガの孔道の横から糞が出ています。

fukuzumikosukashibapupa.jpg

繭から飛び出した蛹

幼虫は老熟すると木屑を糸でつづって繭を作ります。

その中で蛹化し、羽化する直前になると繭を破って体を半分外に出します。

その状態で羽化が始まります。

2014年5月28日羽化 東京都日野市産(飼育個体)

ヤナギ類の枝から羽化した個体

BACK

TOP

inserted by FC2 system