No Photo

Google イメージ検索

フトモンコスカシバ
Synanthedon scoliaeformis japonica Spatnka et Arita, 1992

分  布 北海道、本州
出現時期 7月
寄主植物 シラカンバ
開  張 ♂ 30〜31mm、♀ 34〜36mm

ヨーロッパには腹端の毛がオレンジ色の原名亜種が分布しています。

野外での採集例は成虫・幼虫ともごくわずかだそうです。

幼虫も穿孔サインがないそうで発見は困難とされています。

蛹化前にシラカンバの根元の樹皮を薄くした脱出孔を作ることがヨーロッパで観察されているそうです。

BACK

TOP

inserted by FC2 system