himeko.jpg

ヒメコスカシバ
Synanthedon tenuis (Butler, 1878)

2006年4月23日羽化 東京都府中市東京農工大学産(飼育個体)

カキノキ材より羽化脱出した個体

分  布 北海道、本州、九州
出現時期 5〜9月
寄主植物

カキノキ、クリ、カシワ、アラカシ、クマイチゴ、

サクラ、フジ、クマシデ、カワラハンノキなど
開  張 ♂ 14〜19mm、♀ 16〜21mm

ムナブトヒメスカシバと並んでもっとも小さいスカシバガです。

幼虫はいろいろな植物に穿孔します。

かつてはカキノキの大害虫とされていましたが

防除法が確立されて現在はあまり問題になっていないようです。

himekoshokkon.jpg

穿孔サイン

カキノキの枝の分岐(樹皮が粗い所)に穿孔し、細かい糞を外に排出します。

himekolarva.jpg

2006年3月31日 東京都府中市東京農工大学にて

カキノキ樹皮下の終齢幼虫

himeko3.jpg

成虫の大きさはこのくらいです。

BACK

TOP

inserted by FC2 system