kiobiko.jpg

キオビコスカシバ
Synanthedon unocingulata Bartel, 1912

2007年1月14日羽化 山梨県産(飼育個体)

グミ類材より羽化脱出した個体

分  布 本州、九州
出現時期 6〜7月
寄主植物 ツルグミ、ナツグミ、アキグミ
開  張 ♂ 23〜25mm、♀ 25〜26mm

ヒトスジコスカシバによく似ていますが

胸部側面に黄色い帯があることで区別できます。

幼虫はグミ類の生木の樹皮下に穿孔し、糞を外に排出します。

nest061209.jpg

幼虫が穿孔しているグミ類

kiobilarva061209.jpg

樹皮下の幼虫

kiobiko2.jpg

上の画像と同一個体

BACK

TOP

inserted by FC2 system