kitasukashiba.jpg

キタスカシバ
Sesia yezoensis (Hampson, 1919)

2005年7月24日 東京都奥多摩町にて

フェロモンルアーに飛来した♂(採集後に撮影)

分  布 北海道、本州
出現時期 6〜8月
寄主植物 ヤマナラシ、オノエヤナギ、タチヤナギ、エゾノキヌヤナギ、ポプラ
開  張 ♂ 33〜45o、♀ 42〜52o

日本のスカシバガの中で最大の種類です。

飛翔時はオオスズメバチアカウシアブと見分けがつかないほど似ています。

幼虫はヤナギ類の樹皮下に穿孔します。

2008年8月9日 兵庫県氷ノ山にて

林縁のササに止まって飛翔準備中の♂

2008年7月20日 東京都奥多摩町にて

林道脇のヤナギ類に産卵中の♀

BACK

TOP

inserted by FC2 system