oomomobuto1.jpg

オオモモブトスカシバ本土亜種
Melittia sangaica nipponica Arita et Yata, 1987

2004年4月30日羽化 東京都世田谷区産(飼育個体)

土繭より羽化脱出した個体

分  布 本州、四国、九州、屋久島
出現時期 6〜8月
寄主植物 カラスウリ、キカラスウリ
開  張 ♂ 36〜39o、♀ 38〜41o

成虫は夏に出現し、各種の花を訪れます。

茎が太いキカラスウリで待っていると、♀が産卵に訪れるのを観察できます。

石垣島には基亜種が分布しています。

2011年8月1日 東京都世田谷区にて

民家の窓枠に静止していた個体

oomomobuto5.jpg

2007年7月19日 東京都府中市東京農工大学にて

ヤブガラシの花から吸蜜する個体

飛翔する姿はハナバチ類によく似ています。

karasuuri1.jpg

幼虫が穿孔しているカラスウリ

2005年9月 東京都世田谷区にて

蔓の太さ約3p、地上に近い部分に虫エイが見られます。

oomomobutolarva1.jpg

虫エイの中の幼虫

秋も深まる頃に終齢幼虫は虫エイから脱出し、

地面に潜って土繭を作って幼虫のままで越冬します。

oomomobutosukashibapupa.jpg

土繭

モグラによる捕食で死亡する個体もいますが、生き延びた個体は初夏に蛹化・羽化します。

BACK

TOP

inserted by FC2 system