ハネアカカミキリモドキ
Asclera brunneipennis Lewis, 1895

2017年7月16日 東京都奥多摩町にて

林縁のクマノミズキの花掬いで得られた個体

山地に生息し、成虫は夏に出現します。

各種の花に集まりますが個体数は多くないようです。

キバネカミキリモドキに似ていますが体長6〜8mmと小型であることで区別は容易です。

BACK

TOP

inserted by FC2 system