フタモンウバタマコメツキ
Paracalais larvatus pini (Lewis, 1894)

2009年12月27日 兵庫県神戸市にて

コナラ倒木の内部で越冬していた個体

関東以西の平地〜低山地の広葉樹林に生息します。

幼虫は枯木の樹皮下で他の昆虫を捕食しているようです。

日本産は次の2亜種に分けられ、上翅末端の形に違いがあります。

和名が2通りあることも一因となり、混乱しているサイトやブログが多くみられます。

和名1 和名2 学名 分布

オオフタモンウバタマコメツキ

オオフタモンウバタマコメツキ原名亜種 P.l.larvatus 小笠原諸島、南西諸島、台湾、中国、東南アジア
フタモンウバタマコメツキ オオフタモンウバタマコメツキ屋久島以北亜種 P.l.pini

本州、伊豆諸島、四国、九州、
隠岐、壱岐、対馬、五島列島、屋久島

BACK

TOP

inserted by FC2 system