スゲノハラジロヒメゾウムシ
Limnobaris japonica Yoshihara et Morimoto, 1994

2016年4月24日 栃木県渡良瀬遊水地にて

スゲ類のスウィーピングで得られた個体(採集後に撮影)

湿地に生息し、アゼスゲ、オニナルコスゲなどに集まり葉を後食します。

新鮮な個体は上翅間室に白色鱗片が1列に並びますが活動とともに脱落していきます。

スゲヒメゾウムシ、ババスゲヒメゾウムシは腹部が白色鱗片で密に覆われないことで区別は容易です。

BACK

TOP

inserted by FC2 system