yokoyamahime.jpg

ヨコヤマヒメカミキリ
Ceresium holophaeum Bates, 1873

2006年10月7日 マルバニッケイ材より羽化脱出

石垣島産(室内撮影)

分  布

本州(青森・東京以西)、四国、九州、

佐渡、伊豆諸島、隠岐、南西諸島
出現時期 4〜8月
寄主植物 ウバメガシ、タブノキ、カゴノキ、クヌギ、オオバヤシャブシなど
体  長 9〜13o

南方系のカミキリで、本州では稀です。

夜間に各種広葉樹の枯れ枝を歩き回ったり

灯火に飛来したりします。

テツイロヒメカミキリに似ていますが

前胸は上翅と同じ色で、幅と長さがほぼ同じです。

東京都も分布域に含まれていますが具体的な記録は見出せていないようです。

隣の神奈川県では横浜市と小田原市で採集されており

東京でも沿岸部を探せば発見できる可能性があります。

参考

神奈川昆虫談話会.(2004).神奈川県昆虫誌II,神奈川昆虫談話会,小田原

BACK

TOP

inserted by FC2 system