ダイズサヤムシガ
Matsumuraeses falcana (Walsingham, 1900)

2015年10月8日羽化

東京都葛飾区産(♂個体、交尾器確認済)

エンジュの実に穿孔していた幼虫を飼育したもの

平地から丘陵地にかけて生息し、成虫は春から秋にかけて出現します。

幼虫は各種マメ科植物の実などを食べるそうです。

似ている種にマメヒメサヤムシガ、クズヒメサヤムシガ、アズキサヤムシガがいて、

寄主植物も互いに重なっています。

個体変異も多いため同定の際には交尾器を確認するのが確実です。

交尾器が載っている文献

Razowski, J. & Yasuda, T. 1975. On the Laspeyresiini genus Matsumuraeses Issiki (Lepidoptera, Tortricidae).
Acta Zoologica Cracoviensia, 22: 89-106,pl.9-12.

2016年11月17日羽化

東京都葛飾区産(♀個体、交尾器確認済)

斑紋には個体変異がかなりあります。

2016年10月31日 東京都葛飾区にて

ハギの葉を綴って潜んでいた幼虫
(飼育により本種であることを確認済)

BACK

TOP

inserted by FC2 system