akamunehana2.jpg akamunehana1.jpg

アカムネハナカミキリ
Macropidonia ruficollis Pic, 1902

2004年7月1日 長野県にて

クロツバラのビーティングで得られた個体
(左:♀、右:♂)

分  布 本州、四国
出現時期 7月
寄主植物 クロツバラ
体  長 11〜16o

生息地が極めて限定されているカミキリムシです。

毎年確実に発生しているのは長野県だけといわれています。

それ以外の場所では散発的な記録があるだけです。

クロツバラと深い関係があり、成虫はその近くで見られます。

朝と夕方に活動し、クロツバラの葉の上で交尾し、

その後♀は根元に潜っていくようです。

幼虫期の生活はまだよくわかっていませんが

土中で生活していると考えられています。

kurotubara.jpg

クロツバラ

疎林環境を好む植物のようで、もともと少ないようです。

林の遷移に加え、近年の急速な開発により減少しています。

アカムネハナカミキリの生息地ではこの木を保護するために

付近にある他の大きな木を伐採したと現地の方が話していました。

東京都唯一の記録について

1♂, 東京都奥多摩町 大雲取谷, 1952年8月24日

標高約900m地点の花で採集されたそうです。

標本は東京都高尾自然科学博物館に保管されているそうです。

文献

松本慶一.(2004).新記録 ―東京都のアカムネハナカミキリ―. 東京都の自然 第30号.東京都高尾自然科学博物館

BACK

TOP

inserted by FC2 system