beni1.jpg

ベニカミキリ
Purpuricenus temminckii (Guerin-Meneville,1844)

2004年5月1日 神奈川県三浦半島にて

強風で折れたタケに産卵中?の♀

分  布

北海道?、本州、四国、九州、

佐渡、伊豆大島、隠岐、壱岐、対馬
出現時期 4〜5月
寄主植物 モウソウチク、マダケなど
体  長 12.5〜17o

冬に枯れた竹を割ると、幼虫に混じって

新成虫も蛹室内に留まっているのが見られます。

初夏に出現して、クリなどの花によく集まります。

ヘリグロベニカミキリに似ていますが

前胸の両側の黒い縁取りが見られないことで区別できます。

beni2.jpg

2007年3月21日 東京都稲城市にて

枯竹の中の蛹室内で越冬していた成虫

BACK

TOP

inserted by FC2 system