ビロウドカミキリ
Acalolepta fraudatrix fraudatrix (Bates, 1873)

2007年8月17日 東京都奥多摩町にて

灯火に飛来した♀

分  布

北海道、本州、四国、九州、

奥尻島、佐渡、隠岐、天草下島、下甑島
出現時期 6〜10月
寄主植物 各種広葉樹、イチイ、カラマツ、アカマツ、クロマツ
体  長 13.0〜27.5o

成虫は夜行性で比較的新しい伐採木に集まります。

昼間は枯れて丸まった葉に潜んでいます。

上翅の微毛はほぼ均一で暗い影は目立ちません。

よく似たニセビロウドカミキリとはこの上翅の模様の他に

触角が♂で体長の2倍、♀で1.3倍と短いことも区別点となります。

BACK

TOP

inserted by FC2 system