byakushin.jpg

ビャクシンカミキリ
Semanotus bifasciatus (Motschulsky, 1857)

2006年3月12日 東京都奥多摩町にて

ヒノキ伐採木の材内で越冬していた個体

分  布 北海道、本州
出現時期 3〜4月
寄主植物 ヒノキ、アスナロ、スギ、カラマツなど
体  長 7〜18o

秋に羽化した成虫はそのまま蛹室内で越冬し

早春に野外に出現します。

夜間にヒノキなどの伐採木上を徘徊します。

東京都ではこの他に1969年高尾山での記録があり、

上の個体が37年ぶり東京都2例目の記録となりました。

2007年4月28日 東京都奥多摩町にて

ヒノキ丸太に静止する個体

成虫は桜の開花時期に出現します。

BACK

TOP

inserted by FC2 system