チャイロヒゲビロウドカミキリ
Acalolepta kusamai Hayashi, 1969

2010年6月26日 東京都稲城市にて

ユズリハの根元の灌木に潜んでいた♀

分  布 本州(関東地方)、伊豆諸島
出現時期 5〜8月
寄主植物 ニワトコ、クサギ(生木)、ユズリハ
体  長 17〜29o

平地に生息し1980年代まではニワトコの衰弱木で普通に見られたそうです。

1990年代以降は劇的に減少し、ほとんどみられなくなっています。

近年、ユズリハという新しい寄主植物が発見されたことにより、

千葉、神奈川、東京、茨城、埼玉で再発見されています。

他のビロウドカミキリ類とは、触角第1節が著しく膨大することで区別できます。

2010年6月26日 東京都稲城市にて

ユズリハの枯葉に潜む♂

BACK

TOP

inserted by FC2 system