futakobururihana.jpg

フタコブルリハナカミキリ
Stenocorus caeruleipennis (Bates, 1873)

2007年7月31日 東京都奥多摩町産(採集後に室内撮影)

ノリウツギの花に飛来した♂

分  布 北海道、本州、四国、九州
出現時期 5〜8月
寄主植物 ミズキ、クマノミズキ(根の樹皮部)
体  長 17〜25o

丘陵地から山地にかけて生息し、成虫はノリウツギ、リョウブ、シシウドなど各種の花を訪れます。

♀はミズキ生木に産卵のため集まるそうです。

上翅・前胸・脚の色には変異があります。

2013年8月2日 東京都奥多摩町にて

ノリウツギの葉で交尾する個体

BACK

TOP

inserted by FC2 system