futamonarage.jpg

フタモンアラゲカミキリ
Rhopaloscelis maculatus Bates, 1877

2007年9月17日 東京都奥多摩町産(採集後に室内撮影)

ミズキの枯葉つき倒木についていた個体

分  布

北海道、本種、四国、九州、

奥尻島、冠島、隠岐
出現時期 7〜8月
寄主植物 各種の広葉樹
体  長 3.5〜6.0o

成虫は盛夏になってから出現し、各種広葉樹の枯枝に集まります。

フタオビアラゲカミキリやジュウジクロカミキリに似ていますが

上翅の斑紋をよく見れば区別できます。

BACK

TOP

inserted by FC2 system