フタスジカタビロハナカミキリ
Brachyta bifasciata japonica (Matsushita, 1933)

2008年5月6日 京都府北部にて

ヤマシャクヤクの花の中で静止する♂

分  布 本州、四国
出現時期 4〜7月
寄主植物 ヤマシャクヤク
体  長 16〜18o

山地に生息し、成虫はヤマシャクヤクの開花時期に出現します。

成虫は花に集まり、花びらを派手にかじります。

幼虫はヤマシャクヤクの根を食べるそうです。

東京では青梅市と奥多摩町から記録があります。

生息域の多くは国立公園の特別地域にあると考えられますが、

寄主植物のヤマシャクヤクは園芸愛好家に人気があるため

盗掘により生息が危うくなっている場所もあると考えられます。

BACK

TOP

inserted by FC2 system