gomadaramomobuto.jpg

ゴマダラモモブトカミキリ
Leiopus stillatus (Bates, 1884)

2006年8月13日 東京都奥多摩町にて

枯れ枝に静止する♀

分  布

北海道、本州、四国、九州、

佐渡、隠岐、屋久島
出現時期 5〜8月
寄主植物

モミ、カラマツ、サワグルミ、オニグルミ、シデ類、

ヤシャブシ、ハンノキ類、ブナ、カシ類など
体  長 7.5〜11o

山地に生息し、枯れ枝や伐採木に集まります。

♂は♀よりも各腿節が太く、♀は腹部末端が長くなっています。

ミヤマモモブトカミキリによく似ていますが

上翅の黒点が集中して黒帯・黒紋ができる位置が

ゴマダラモモブトは中央よりも後方

ミヤマモモブトは上から1/4付近

♂の腿節はミヤマモモブトほどは膨らまず

♀の腹部背板末端節は短く先端が広くまるいことで区別できます。

BACK

TOP

inserted by FC2 system