haiirohana.jpg

ハイイロハナカミキリ
Rhagium japonicum Bates, 1884

2007年11月3日 東京都奥多摩町にて

カラマツ樹皮下の蛹室内にとどまる♂

分  布

北海道、本州、

利尻島
出現時期 4〜7月
寄主植物 マツ科をはじめとした各種針葉樹
体  長 10〜17o

成虫は春に出現し

モミなどの針葉樹の枯木や伐採木に集まります。

幼虫は樹皮を食べ、夏頃には羽化してそのまま蛹室に留まり

越冬して翌年の春に野外に出ます。

東京では奥多摩町だけから記録されています。

ホンドニセハイイロハナカミキリに似ていますが

本種の方が体色は黒く、上翅の白黒模様のコントラストもはっきりしています。

rhagiumcomparison.jpg

左:東京都八王子市産、右:東京都奥多摩町産

BACK

TOP

inserted by FC2 system