haiiroyahazu1.jpg

ハイイロヤハズカミキリ
Niphona furcata (Bates, 1873)

2007年2月17日 東京都稲城市にて

ササ類の枯枝内で越冬中の新成虫

分  布

本州、四国、九州、

伊豆諸島、隠岐、対馬、屋久島、トカラ列島、奄美諸島、沖縄諸島
出現時期 4〜8月
寄主植物 マダケ、メダケ、ヤダケ、ホウライチク、アズマネザサ、ヨシなど
体  長 12〜20.5o

幼虫は指くらいの太さのタケ・ササ・ヨシの茎を内側から食べて成長します。

秋に羽化した成虫はそのまま材の中にとどまり、翌年の春に野外へ出て活動を開始します。

成虫は灯火にもよく飛来します。

BACK

TOP

inserted by FC2 system