ハセガワトラカミキリ
Teratoclytus plavilshikovi Zaitzev, 1937

2013年5月17日 ヤマブドウ材より羽化脱出した♀

東京都奥多摩町産(室内撮影)

分  布 北海道、本州
出現時期 6〜8月
寄主植物 ヤマブドウ
体  長 7〜15o

山地に生息し、日陰にあるヤマブドウの新鮮な枯蔓に集まります。

日本のトラカミキリの中では触角が一番長いです。

hasegawatora1.jpg 

2004年11月 ヤマブドウ材より羽化脱出した♂

山梨県産(室内撮影)

2013年5月3日 東京都奥多摩町にて

ヤマブドウ枯蔓内で越冬する蛹(♀個体)

晩秋に蛹になりそのまま越冬し、翌年の夏に羽化します。

BACK

TOP

inserted by FC2 system