herigurobeni.jpg

ヘリグロベニカミキリ
Purpuricenus spectabilis Motschulsky, 1857

2007年7月21日 東京都奥多摩町産(採集後に室内撮影)

クリの花に飛来した個体

分  布

北海道、本州、四国、九州、

奥尻島、利尻島、佐渡、隠岐、対馬、種子島、屋久島
出現時期 4〜7月
寄主植物 イタヤカエデ、シロモジ、アブラチャンなど
体  長 13.5〜19.0o

成虫はカエデなどの花に集まるほかに広葉樹の伐採木にも集まります。

ベニカミキリに良く似ていますが、上翅には通常2つの黒点があること、毛深いこと、

前胸の両側が黒く縁取られることなどで区別できます。

BACK

TOP

inserted by FC2 system