herigurochibikobu.jpg

ヘリグロチビコブカミキリ
Miccolamia takakuwai Hasegawa et N.Ohbayashi, 2001

2007年10月13日 東京都奥多摩町にて

イタヤカエデの枯枝にいた個体(採集後に撮影)

分  布 北海道、本州、四国、九州
出現時期 4〜7月、10〜12月
寄主植物 キブシ、ミズキ、クリなど
体  長 3.7〜5.5o

平地から山地にかけて生息しています。

成虫は春先にキブシやミズキなどの枯枝に集まります。

秋に新成虫が出現して野外成虫越冬すると考えられています。

かつてはチビコブカミキリMiccolamia verrucosa Batesとされていましたが

分類学的再検討の結果、この和名・学名は別の種類に充当されて

新しい和名・学名が充てられました。

参考文献

長谷川道明・大林延夫(2001).日本産チビコブカミキリ類について.月刊むしNo.366, p10-15

Hasegawa, M. and N. Ohbayashi, 2001. A revisional study on the genus Miccolamia of Japan
(Coleoptera, Cerambycidae, Lamiinae). Jpn. J. Syst. Ent. 7(1):1-28

BACK

TOP

inserted by FC2 system