ヒゲブトハナカミキリ
Pachypidonia bodemeyeri (Pic, 1934)

2015年7月22日 東京都奥多摩町にて

シナノキの樹洞内にいた♀(採集後に撮影)

分  布

北海道、本州、四国、九州

出現時期 7〜8月
寄主植物 各種広葉樹(樹洞内部)
体  長 13〜14o

山地の自然度の高い広葉樹林に生息しています。

成虫は各種広葉樹の樹洞内にいることが多く、野外で見かける機会は少ないです。

学名の一部をとって「パキピド」という愛称で呼ばれることもあります。

東京では奥多摩地域にのみ生息しています。

2015年7月22日 東京都奥多摩町にて

シナノキ樹洞内で産卵中の個体

BACK

TOP

inserted by FC2 system