ヒメマルクビヒラタカミキリ
Asemum punctulatum Blessig, 1872

2009年7月26日 山梨県南アルプスにて

針葉樹立ち枯れに静止していた個体

分  布

北海道、利尻島、本州

出現時期 5〜8月
寄主植物 各種針葉樹
体  長 8〜16o

山地に生息し、成虫は針葉樹の立ち枯れや倒木に集まります。

オオマルクビヒラタカミキリサビカミキリに似ていますが、

体の光沢が強いなどの特徴で区別できます。

東京では奥多摩で2013年に初めて記録されました。

西 泰弘, 2013. 東京都奥多摩町のカミキリムシ3種の記録. 月刊むし, (514):11-12.

BACK

TOP

inserted by FC2 system