himenagasabi.jpg

ヒメナガサビカミキリ
Pterolophia leiopodina (Bates, 1873)

2007年4月7日 カバノキ科材より羽化脱出

広島県産(室内撮影)

分  布

本州、四国、九州、

隠岐、対馬
出現時期 5〜7月
寄主植物 各種広葉樹
体  長 5.5〜8.5o

成虫はやや乾燥した広葉樹の枯枝に集まり樹皮を後食します。

エゾサビカミキリに似ていますが

触角第3節は第4節より明らかに長いこと、上翅に霜降り状の小黄斑がないこと、

白帯の位置が中央寄りであることなどで区別できます。

BACK

TOP

inserted by FC2 system