himesugi.jpg

ヒメスギカミキリ
Callidiellum rufipenne (Motschulsky, 1860)

2005年4月14日 東京都府中市東京農工大学にて

スギ丸太を覆っているブルーシートの上に静止する♂

分  布

北海道、本州、四国、九州、

奥尻島、佐渡、伊豆諸島、隠岐、対馬、壱岐、種子島、屋久島、

トカラ中之島、奄美大島、沖永良部島、沖縄諸島
出現時期 3〜7月
寄主植物 スギ、ヒノキ、モミなど
体  長 7〜12o

初春にスギ・ヒノキの新しい伐採木に集まります。

♂の上翅は赤褐色〜青藍色〜青黒色まで変化します。

上の写真の個体のように黒地に赤い紋が入ることもあります。

一方、♀の上翅は常に赤褐色です。

幼虫は主に樹皮下を食べて成長します。

そのため、スギ・ヒノキ材の害虫とされています。

sugi1.jpg

樹皮をはがすとこのような食痕がみられます。

himesugi2.jpg

2005年4月17日 山梨県にて

ヒノキ伐採木上に静止する♂

上翅が青緑色の金属光沢をもつ個体です。

生息地での個体数は極めて多いです。

BACK

TOP

inserted by FC2 system