hitoobiarage.jpg

ヒトオビアラゲカミキリ
Rhopaloscelis unifasciatus Blessig, 1873

2007年2月8日 ヤマグワ材より羽化脱出

東京都奥多摩町産(室内撮影)

分  布

北海道、本州、四国、九州、

佐渡、伊豆大島、隠岐、対馬、種子島、屋久島
出現時期 4〜7月
寄主植物 ヤナギ類、オニグルミ、イヌシデ、サンショウなど
体  長 5.5〜9o

成虫は各種広葉樹の枯枝に集まり樹皮を後食します。

新成虫は秋に材内で羽化して、そのまま越冬すると考えられているそうです。

BACK

TOP

inserted by FC2 system