hondohaiirohana.jpg

ホンドニセハイイロハナカミキリ
Rhagium femorale N.Ohbayashi, 1994

2006年2月5日 東京都八王子市にて

アカマツ樹皮下の蛹室で越冬する個体

分  布 本州、四国、九州
出現時期 3〜7月
寄主植物 モミ、トウヒ、ヒメコマツ、アカマツ、クロマツなど
体  長 9〜16o

成虫は針葉樹の枯木や伐採木に集まります。

幼虫は樹皮下を食べて蛹室もそこに形成します。

羽化した成虫はそのまま蛹室内で越冬し、翌年春に材外へ脱出します。

hondohaiirohana2.jpg

図鑑では樹皮に背を向けた写真が多いですが

材部に背を向けていることもあります。

かつて、ニセハイイロハナカミキリ Rhagium pseudojaponicum Podany, 1964とされていた種類です。

2007年12月8日 東京都奥多摩町にて

ツガ立ち枯れの樹皮下で越冬していた♂

BACK

TOP

inserted by FC2 system