ホシベニカミキリ
Eupromus ruber (Dalman, 1817)

2008年5月25日 東京都江戸川区にて

木陰のタブノキの枝先で雨宿りする♂

分  布 本州(関東以西)、四国、九州、
伊豆諸島、隠岐、対馬、壱岐、五島列島、種子島、屋久島、奄美諸島
出現時期 5〜8月
寄主植物 タブノキ、クスノキ、ヤブニッケイ
体  長 18〜25o

南方系のカミキリムシで、東京では沿岸部に生息します。

タブノキの赤い若葉にまぎれつつ、葉脈を中心にかじります。

上翅の黒い斑点は1個体ごとに違っています。

BACK

TOP

inserted by FC2 system