kanokosabi.jpg

カノコサビカミキリ
Apomecyna naevia naevia Bates, 1873

2006年5月5日 カラスウリ枯蔓より羽化脱出

東京都小金井市東京農工大学産(屋外撮影)

分  布

本州、四国、九州、

伊豆諸島、対馬
出現時期 5〜8月
寄主植物 カラスウリ
体  長 5〜9.5o

晩夏に出現する小型のカミキリムシです。

上翅が「鹿の子模様」をしているのでこの名がついてます。

カラスウリの枯れ蔓に集まり表皮を後食します。

キカラスウリにも集まるかは不明です。

kanokosabilarva.jpg

2005年10月25日 小金井市東京農工大学にて材採集

カラスウリ枯れ蔓に穿孔する幼虫(12月に室内撮影)

BACK

TOP

inserted by FC2 system