キベリカタビロハナカミキリ
Pachyta erebia Bates, 1884

2017年8月7日 東京都奥多摩町にて

リョウブの花に飛来した個体(採集後に撮影)

分  布 本州(関東〜中部)
出現時期 6〜8月
寄主植物 モミ、アオモリトドマツ、ツガ、トウヒ、カラマツ
体  長 14〜22o

他のハナカミキリに比べ体の幅が広く、厚みがあるため貫禄があります。

パキタという愛称(属名そのまま)があります。

上翅全体が黄褐色になる型もいるそうです。

kiberikatabirohana1.jpg

2004年7月17日 埼玉県大滝村にて

ノリウツギの花で食事中の♀

BACK

TOP

inserted by FC2 system