kiboshi2.jpg

キボシカミキリ
Psacothea hilaris hilaris (Pascoe, 1857)

2005年7月20日 東京都府中市東京農工大学にて

クワの幹に静止する個体

分  布 本州、四国、九州、隠岐、対馬
出現時期 5〜11月
寄主植物 クワ、コウゾ、イチジク、イヌビワなど
体  長 15〜30o

平地で普通に見られるカミキリムシのひとつです。

地域変異が大きく、日本では10亜種に分けられています。

クワやイチジクなどの若枝や葉を後食します。

東京では秋に個体数が多くなります。

晩秋になっても活動している個体が多く、

まれに1月初めまで生き残る個体もいるようです。

kiboshi1.jpg

2004年12月4日 神奈川県川崎市にて

川岸のフェンスにしがみついていた個体

2008年11月9日 東京都府中市東京農工大学にて

イチジクの幹につけられた産卵痕

BACK

TOP

inserted by FC2 system