キクスイカミキリ
Phytoecia rufiventris Gautier,1870

2007年4月26日 東京都府中市東京農工大学にて

キクの葉に静止する♀

分  布

北海道、本州、四国、九州、

佐渡、伊豆大島、隠岐、対馬、壱岐、種子島、屋久島
出現時期 4〜7月
寄主植物 ヨモギ、キクなどのキク科植物
体  長 6〜9o

産卵する前に茎のまわりをかじりながら一周します。

幼虫は茎を根に向って食べ進み、秋には根に達して蛹化・成虫になります。

新成虫はそのまま根の中で越冬します。

kikusui2.jpg

2005年5月5日 東京都奥多摩町にて

クモの巣にひっかかった個体

kikusui1.jpg

2004年5月7日 東京都府中市東京農工大学にて

産卵準備としてヨモギの茎をかじる♀

kikusuihigai.jpg

キクスイカミキリの産卵でしおれたキク(府中市)

BACK

TOP

inserted by FC2 system