kobotokehigenagakobane.jpg

コボトケヒゲナガコバネカミキリ
Glaphyra kobotokensis (Ohbayashi, 1963)

2007年4月22日 東京都八王子市産(採集後に室内撮影)

カエデの花に飛来した♂

分  布

北海道、本州、四国、九州、

利尻島、佐渡
出現時期 4〜5月
寄主植物 ミツバウツギ、キブシ、アブラチャン、クリ
体  長 6.5〜8.5o

八王子市の小仏で採集された個体を基に新種記載されたのが名前の由来です。

成虫は春に出現し、カエデやコゴメウツギなどの花に集まります。

コジマヒゲナガコバネカミキリに似ていますが、上翅の斑紋の境界が明瞭なことと

腹部の大部分は黄白色の微毛に覆われることなどで区別できます。

ミツバウツギを主な寄主植物としているそうです。

kobotokehigenagakobane2.jpg

飛翔直前の様子

小さな寄生蜂に良く似ています。

BACK

TOP

inserted by FC2 system