クビアカハナカミキリ
Gaurotes atripennis Matsushita, 1933

2009年5月9日 広島県にて

アカマツの花に飛来した個体(採集後に撮影)

分  布

本州、四国、九州、
佐渡

出現時期 4〜8月
寄主植物 アカマツ
体  長 7〜11o

丘陵地から山地にかけて生息しています。

成虫はアカマツの花に飛来する他、新鮮なアカマツ伐採木に集まります。

上翅は青藍色、紫藍色、赤紫色などに変化します。

東京では奥多摩町と狭山丘陵から記録があります。

BACK

TOP

inserted by FC2 system