クビアカトラカミキリ
Xylotrechus rufilius Bates, 1884

2008年6月14日 兵庫県神戸市産(採集後に室内撮影)

アベマキ伐採木を走り回っていた♀

分  布

北海道、本州、四国、九州、

佐渡、隠岐、対馬、屋久島

出現時期 5〜9月
寄主植物 クヌギ、コナラなど各種広葉樹
体  長 7〜13o

平地から山地にかけて生息し、成虫は夏に出現します。

晴天の気温が高い日の午後に、広葉樹の新鮮な枯木や伐採木に集まります。

動きはすばやく、木の上を走り回っていることが多いです。

分布はやや局所的ですが、個体数は多いです。

もともと関東地方には少なかったようですが、21世紀になって各地で見られるようになりました。

2012年6月17日 大阪府泉佐野市にて

アベマキ切り株に産卵する♀

東京では奥多摩で1970年代の記録があるだけですが、丘陵地には生息しているようです。

八王子市高尾山で、夜に灯火に来ていた個体を採集したことがあります。

BACK

TOP

inserted by FC2 system