クビアカツヤカミキリ
Aromia bungii (Faldermann, 1835)

2017年7月2日 東京都福生市にて

サクラの幹に静止していた個体(採集後に撮影)

分  布

侵入(愛知県、埼玉県、群馬県、東京都、大阪府、徳島県、栃木県、群馬県)
朝鮮半島、中国、台湾、北ベトナム

出現時期 6〜7月
寄主植物 日本ではサクラ、ウメ、スモモなど
体  長 22〜38o

別名 クロジャコウカミキリ

2012年に愛知県で初めて侵入が確認され、2017年現在1都7県で発見されています。

幼虫はサクラなどの生木の樹皮下を中心に穿孔し、枯死させてしまいます。

東京都では2015年に福生市、あきる野市で発見され、2017年現在も発生が続いています。

幼虫の排出するフラス

目の粗い木屑がつながって排出されるのが特徴です。

羽化脱出孔

BACK

TOP

inserted by FC2 system