kurosawa.jpg

クロサワヘリグロハナカミキリ
Eustrangalis anticereductus Hayashi, 1958

2005年7月31日 東京都奥多摩町産

リョウブの花に飛来した♂(標本撮影)

分  布 北海道、本州、四国、九州
出現時期 6〜7月
寄主植物 キハダ、ハリエンジュ
体  長 12〜15o

山地に生息し、ウツギ、リョウブなどの花に集まります。

早朝・夕刻・曇天など薄暗い時間帯での活動が噂されています。

カエデノヘリグロハナカミキリに似ていますが、前胸に1対の黒紋がなく、

上翅側縁の黒い縁取りが基部まで届かないことで区別できます。

BACK

TOP

inserted by FC2 system