クロトラカミキリ
Chlorophorus diadema inhirsutus Matsushita, 1934

2010年7月31日 北海道札幌市にて

ノリウツギの花上で交尾中の個体

分  布

北海道、本州、四国、九州、
利尻島、奥尻島、伊豆諸島、飛島、粟島、佐渡、隠岐、対馬

出現時期 7〜8月
寄主植物 各種広葉樹および針葉樹
体  長 9〜14o

平地から山地にかけて生息しています。

良く似たエグリトラカミキリよりも遅れて盛夏に出現します。

上翅端は角ばることはあってもトゲを生じることはありません。

東京では八王子市と奥多摩町から記録があります。

BACK

TOP

inserted by FC2 system