matsunomadara.jpg

マツノマダラカミキリ
Monochamus alternatus endai Makihara, 2004

2005年6月9日 アカマツ材より羽化脱出

東京都府中市東京農工大学産(室内撮影)

分  布

本州(青森県以外?)、四国、九州、

伊豆諸島、小笠原諸島、壱岐、対馬、種子島、屋久島、奄美大島、沖縄島
出現時期 5〜10月
寄主植物 マツ類、モミ類、トウヒ類
体  長 14〜27o

松枯れの原因となるマツノザイセンチュウを媒介することで有名です。

幼虫は衰弱木や新しい枯死木に穿孔します。

幼虫が穿孔することのみでマツが枯死することはまれです。

以前は比較的珍しい種類だったようですが

外来種のマツノザイセンチュウを媒介するようになり

各地でマツが衰弱することで普通種になったそうです。

2012年7月19日 大阪府泉佐野市にて

アカマツの枝に静止するペア

産卵痕(画像中央)

BACK

TOP

inserted by FC2 system