ムネアカヨコモンヒメハナカミキリ
Pidonia insuturata Pic, 1901

2008年7月20日 東京都奥多摩町産

ニシキウツギの花を訪れた個体(標本撮影)

分  布 本州(中部地方以北)
出現時期 6〜8月
寄主植物 オオカメノキ
体  長 6.5〜9.5o

山地のブナ帯を中心に生息しています。

日陰に咲くシモツケ類やショウマ類などの花に集まりますが、

日向のノリウツギやシシウドに集まることもあります。

奥多摩では低所でニセヨコモンヒメハナカミキリよりやや遅れて出現し、

高所ではヨコモンヒメハナカミキリと混生します。

「胸赤」の名とは裏腹に、奥多摩では胸部背面は黒色であることが多いです。

背面では少なくとも頭部後方は赤褐色を帯び、腹面は全体が明赤褐色であることが特徴です。

高所で混生するヨコモンヒメハナカミキリとは

例外はあるものの腹面の色彩でおおまかに区別することができます。

BACK

TOP

inserted by FC2 system