nisebiroudo.jpg

ニセビロウドカミキリ
Acalolepta sejuncta sejuncta (Bates, 1873)

2007年7月20日 東京都奥多摩町産

灯火に飛来した♂(採集後に室内撮影)

分  布

北海道、本州、四国、九州、

奥尻島、佐渡、粟島、冠島、伊豆諸島、

隠岐、五島列島、甑島列島、種子島、屋久島
出現時期 5〜9月
寄主植物 各種の広葉樹・針葉樹
体  長 10.5〜26.0o

成虫は夜行性で、昼間は枝についた枯葉の中に潜んでいます。

上翅の微毛の生え方が一様ではないため

部分的に暗い影が出現します(画像では後脚付け根付近)。

ビロウドカミキリとは上記のような上翅の違いの他に

触角が♂で体長の3倍前後、♀で2倍と長いことも区別点になります。

BACK

TOP

inserted by FC2 system