nisefutaobihimehana.jpg

ニセフタオビヒメハナカミキリ
Pidonia testacea (Matsushita, 1933)

2007年7月28日 東京都奥多摩町産

針葉樹林内のショウマ類の花に来ていた個体(採集後に室内撮影)

分  布 本州(山形県、中部山岳地帯、紀伊半島)
出現時期 6〜8月
寄主植物 未知
体  長 5.5〜8.0o

山地の標高が高い場所に生息し

針葉樹林帯から高山帯にかけて見られます。

林内や沢沿いなど薄暗い場所の草本類の花に飛来します。

フタオビヒメハナカミキリに非常に良く似ていますが

やや大型なこと、上翅の微毛が密に生えていることなどで

両種を採って比較すれば区別できます。

BACK

TOP

inserted by FC2 system