ニセハムシハナカミキリ
Lemula japonica Tamanuki, 1938

2008年7月19日 東京都奥多摩町産

ニシキウツギの花に来ていた個体(採集後に撮影)

分  布 本州(関東〜中部地方)
出現時期 6〜8月
寄主植物 ミヤママタタビ
体  長 7〜10o

自然豊かな山地に生息し、成虫はマタタビ、アズキナシ、カエデ、サワフタギなどの花に集まります。

ヒナルリハナカミキリに似ていますが、体は黒褐色で光沢があり、前胸にコブがあること、

上翅が末広がりになっていることなどで区別できます。

BACK

TOP

inserted by FC2 system